コンビーフの基本スパイス

投稿日:
Print Recipe
コンビーフの基本スパイス
コンビーフのスパイスは国や家庭、会社によって様々です。 そんなスパイスを我が家風にアレンジしておくのもコンビーフの楽しみ方だと思います。 私は基本スパイスとしてこれらのスパイスを使っています。 煮込んだ時にキッチンを包む香りはいつ嗅いでもワクワクさせてくれます。 本サイトでは材料に「基本スパイス」と書いてあれば、このスパイスのことだと思って下さい。
分量
材料
スパイス1
スパイス2
その他
  • 10 % 海水塩 1Lの水に100g
  • 2.5 % ピンクソルト 1Lの水に25g 肉に赤みを定着させるのと、一部の細菌を除去します
  • 25 g 黒砂糖 サトウキビ使っています
  • 1 L 肉と同量程度
分量
材料
スパイス1
スパイス2
その他
  • 10 % 海水塩 1Lの水に100g
  • 2.5 % ピンクソルト 1Lの水に25g 肉に赤みを定着させるのと、一部の細菌を除去します
  • 25 g 黒砂糖 サトウキビ使っています
  • 1 L 肉と同量程度
作り方
  1. スパイス1をフライパンで香りが出るくらいいります。
  2. 炒ったスパイスをすり鉢に入れて大まかにつぶします。
  3. 塩、砂糖、スパイス、水を入れ、塩が溶けるまで煮立たせます。 必要に応じて硝酸塩等の色素定着剤を入れれば加熱しても赤い色のお肉になります。 溶けたら常温まで冷やしましょう。
  4. 常温になったら、肉と漬け汁をジップロックに入れ、空気が入らないように閉じます。 私は、スパイス類が肉に付着するのを嫌うため、スパイスをネットに入れて分けています。 この方が、ジップロックのエアーを抜くときにスパイスが挟まらないので重宝しています。 更に、加熱するときにも、ネットに入れたスパイスを一旦洗って、加熱鍋に入れてしまうこともできますので効率が上がります。
レシピのメモ

私はちょっとカレーの香りを付けたかったので

このレシピを共有する